Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

慶應生 UCLA留学 奨学金&金融リテラシー

慶應生。高校を英国で過ごし、2年間でA-levels(英国卒業認定資格)を獲得。その後、慶應大学に入学し、9月よりUCLA留学予定。

慶應交換留学 面接選考

f:id:fumitakausui:20161222145733j:plain

 

米国の世界トップ25程度で倍率が毎年3倍程度の大学を受験。見事に二次で散ってしまった。以後再受験はあるだろうし、問題点や、反省点、改善策などを記したい。

 

まず受験内容だが、

•冒頭の大学を第一希望にし、第一希望のみ記載

M&Aの勉強したいと記載

•Toefl99 リクアイアメントは満たしていた

•成績GPA3.1 (所々にDがある)

 

問題点

•英語で急に面接が始まり対応しきれず

→英語でも質問が来ることを知らず、あたふた。しっかり英語でも対応ができるよう準備

 

微積分の成績の低さについて、きかれた時うまく対応出来ず

→現状欠点で、自覚し取り組んでいること(courseraなど用い)、まず第一にM&Aで使う線形代数にとりくみDをAにしたこと、今学期はGPA3.5あること、等をつたえる

 

•数学が成績悪いのに、ファイナンスを押してしまった

→数学、経済学が成績悪いので、それ以外で教えていく

 

•話が冗長すぎた。

相手の顔色をみながら端的にきかれたことをいう

 

よかった点

•志望動機固まっていた

•志望動機、学習計画簡潔に言えた

 

された質問

1. 志望動機と計画を要約して説明して下さい

2. なぜ大学を一つだけ書いたのか

3. 成績がそれほどよくはないが?

4. 計量を大事にする大学だが大丈夫?