Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

慶應生 UCLA留学 奨学金&金融リテラシー

慶應生。高校を英国で過ごし、2年間でA-levels(英国卒業認定資格)を獲得。その後、慶應大学に入学し、9月よりUCLA留学予定。

TOEFL 100点突破のための極意

f:id:fumitakausui:20161125233604j:image

自分の成績の推移

7月 R26 L19 S19 W23 87

8月 R27 L24 S20 W28 99

9月 R26 L26 S23 W24 99

11月 R28 L28 S20 W27 103

このようになった。結果として目標としていた100点を越えることが出来た。

絶対にテスト終了後すぐ予想スコアとのその理由を記入し、返却後実際のスコアとの差異の中で自分のTOEFL戦略を立てていくのがよいかと思う。

 

では、セクションごとに自分のとった戦略を見ていく。

 

R

ひたすら単語をTOEFL単語3700を用いてレベル3まで暗記。公式問題集や、TPO(中国人がネットにアップしている過去問集)を使って練習。文章中にわからない文法、単語があれば適宜チェック。これを2ヶ月程度で行えば、日本の大学受験をクリアしてきた人ならばすぐに27はいく。日本人にとって最も簡単なセクション。

 

テスト中のTips

•問題文読みながら解いていく

•意外と消去法で答え出る

 

L

リスニングがわからない理由は、単語、熟語不足かその発音方法を分かっていないか、聞き慣れていないか。の3つのどれか。

単語、熟語をTOEFLリスニング問題集や、公式問題集、リーディングの勉強中などに仕入れておき、その際に発音もしっかり聞いておく。

あとは、聞きなれていないという問題を避けるために、問題集、tpoを用い練習しまくる

 

テスト中のTips

•ノートはかかなくても記憶できる。書いていると重要なところを聞きもらす恐れがある。

•1問目の何を話してたかいう問題は、講義全体で1番長く話してたこと。

•選択ミスを後で直せないのでミスないように。

• 問題と問題の間に休みをいれ、集中し直すこと。

 

 次に、日本人の多くにとって課題となるスピーキングとライティングについて書く。